セントジョーンズワート パウダー

¥ 800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • 定形外郵便

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 300円
  • 便箋

    全国一律 100円

セントジョーンズワート パウダー

無農薬栽培で、収穫して、
乾燥させて パウダーにしてあります。

粉にしてあるので、
お水や、お湯に溶かして飲む他、
料理に入れて食べたり、
そのままを体に取り入れやすいです。

1日に、1gを目安に飲んで
15gで、15日分になります。


商品説明

セントジョーンズワートとは、オトギリソウ科の多年草で、古くからヨーロッパを中心に「うつ病」などの民間療法として利用されてきました。

和名は、セイヨウオトギリソウといいます。

近年では、軽度から中度のうつ病や、更年期障害、自律神経失調症、ストレスの緩和、ダイエット時のイライラ感などを解消するサプリメントとしてアメリカを中心に人気があり、日本でも注目されています。

また、セントジョーンズワートは、ドイツでは医療品扱いとされています。

セントジョーンズワートの花は、ハーブティーとして用いられるほか、濃縮抽出物の錠剤やカプセルとして販売されています。



セントジョーンズワートの作用


セントジョーンズワートの有効成分と考えられているヒペルフォリンが、脳内のセロトニン濃度を高めることで、うつ症状を抑えると考えられています。

主に、うつ症状、更年期障害、自律神経失調症、ストレスの緩和などを解消する作用が期待されています。



セントジョーンズワートの安全性と摂取ポイント


通常の摂取目安量にしたがって単独で摂取する場合、安全性は高いとされています。

しかし、セントジョーンズワートの妊婦や子どもに対する安全性情報はほとんどないため、妊娠もしくは授乳中、あるいは子どもにサプリメントを与えようと検討している場合は、主治医に相談するようにしましょう。

また、セントジョーンズワートは、多くの薬との相互作用が確認されており、薬の意図する効果を阻害することが研究で示されています。

以下の薬と併用すると、薬の作用を弱めてしまう可能性があるため、注意が必要です。

経口避妊薬、強心薬、気管支拡張薬、血液凝固防止薬(ワルファリン)、抗うつ薬(SSRI)、片頭痛薬(トリプタン)、抗てんかん薬、抗不整脈薬、抗HIV(ヒト免疫不全ウイルス)薬、免疫抑制薬。

通報する